Lusts (Interview)

Lusts took some time out of the summer festival season to talk to BAL about themselves, their inspirations and more. We were surprised to hear the word “Kyoto” from them because not many UK bands know the real gem in Japan. Through this interview, we can tell they have a great sense of aesthetic. You will love them more, check this out!

1. Would you introduce yourselves? How/when did you guys start the band?

It’s Andy and James here from Lusts. We’re brothers, and we started writing the music for Lusts in 2014. We’ve been playing music together since we were 14/15 years old.

2. I was so surprised to know that you are siblings. What are the pros and cons of forming a band only with siblings?

One of the great things about being siblings is the innate musical connection that you have. We always seem to know what each other is thinking before we say anything, and that’s quite special when creating or playing music. You know each other so well, I guess that can be a good or bad thing.

3. We think your music is comparable to some bands in the 80’s. Do you think you’ve got influence from that era? What kind of music do you originally like?

We take influence from so many different things, but aesthetically we are drawn to certain aspects of the 80’s. We want our music to exist in the current time-period though, and so we’ve taken ideas and influences from cinema, literature, soundtracks, and brought these elements together to create our own world and space.

4. How do you guys work when you make songs?

We have lots of different methods for creating songs, but one that seems to work well is when the music is born from a conversation between us. We’ll talk about a certain feeling or time, and so often the nucleus for an idea will come from that. Sometimes we’ll show films on a projector in our rehearsal space and play along to see what the visuals inspire.

5. Andy, your singing way is so beautiful. Have you taken a professional singer course or something like that?

That’s very kind, but no I’ve never taken a singing course. I did have a few lessons in maintaining my voice on tour, as you’re singing every night I wanted to protect it. But other than that, nothing!

6. Has something changed after you released your debut album? (Mind, life, people around you or anything)

That’s a cool question, and I think the answer is that in some ways everything changed, and everything also stayed the same, as it always does. For a long time releasing our debut album was an important target inside my head that I wanted to achieve and I’m very pleased we did. But I didn’t wake up with a grand epiphany the next day. You just keep going and creating and enjoying it. I must also say that I feel quite liberated and open to the next step now that the album is out, I feel ready to create again, which is a good feeling.

7. What do you think about the latest UK music scene?

I think that with the rise of the internet, stylistic trends have become less binary and it’s a really interesting time to amalgamate influences from many different areas, and I think this is a great thing. There aren’t many specific movements that dominate (apart from maybe Grime which I love), and it’s cool that you can listen to and take influence from Ambient music or Techno, and then listen to Folk or whatever. It should be that way, and so I think that the music scene is in good health.

8. Please tell us about the most impressive gig you’ve played so far.

Our album tour was a great time for us, and performing at Barcelona Razzmatazz was a cool experience, playing our set to a 2000 capacity room at around 3am. It was also good for us to play our first show in the US this year at the SXSW Festival. We very much enjoyed that.

9. Andy, whenever I see you on the stage, You are very fashionable. Are you stylish off stage as well?

I’m reminded of two quotes, one from Oscar Wilde, ‘You can never be overdressed or overeducated’, and another by Jim Morrison, ‘Some of the worst mistakes in my life were haircuts’. But in all honesty I just wear whatever I feel like, and it’s cool that you like it.

10. What are you up to for the rest of this year?

We are writing our next album, and trying to finish reading Master and the Margarita.

11. What kind of impression do you have on Japan?

We have always had such a fascination with Japan, and would love to visit. We love Studio Ghibli films, Haruki Murakami’s books, Lost in Translation, to name but a few things. I would love to walk around Kyoto someday, as well as many other places in Japan. We want to come and play some shows.

12. Would you give a message to your fans in Japan?

Have a great day and tell someone you love them.

Thank you for your time, Lusts. We truly wish to see you in Japan soon!

 

夏の音楽フェスティバルシーズンの真っ只中、LustsがBALのために時間を作ってくれました。彼ら自身のこと、インスピレーション源等、色々と話してくれました。彼らの口から「京都」という言葉が出てきてびっくり。日本の名所は、UKではまだまだマイナーなのですが、さすがLusts。このインタビューを通して、彼らの美的センスが並外れていることがわかります。彼らのことがもっと好きになるはず、是非読んで下さい!

1.自己紹介をお願いします。バンド結成のなりゆきも教えて。

僕らは、LustsのAndy とJames。僕らは兄弟で、2014年にLustsの曲を書き始めた。音楽の演奏は14/15歳の頃から一緒にやってるよ。

2.兄弟だということにすごく驚いたんだけど、兄弟だけでバンドを組むことの良い点・悪い点は何?

兄弟であることの最も良い点は、先天的な音楽のつながりがあること。僕らは、お互いが何か話し出す前に、何を考えているのかわかるみたいなんだ。それって曲を作ったり、演奏するにあたって特別感を出していると思う。お互いのことがすごくよくわかるんだ。それが良い点でも悪い点でもあると思う。

3.あなた達の音楽は80年代のバンドと比類しているように思えるけど、その時代の音楽から影響を受けたの?元々どんな音楽が好きなの?

僕らは本当に様々なものからインスピレーションを受けているけど、スタイル的に80年代に引き寄せられるよ。当然、僕らの音楽を現代に存在させたいけど。そう、だから僕らは映画、文学、サウンドトラックからアイディアを得たり、影響を受けたりしてこれらの要素を混ぜ合わせて僕らだけの世界を作っているんだ。

4.どうやって曲作りをしているの?

僕らの曲作りにはたくさんの手法があるけど、僕らの間の会話から生まれた曲っていうのがどうやらうまくいくみたいだ。僕らはある感情やある場面について話し合って、新しいアイディアの核となるものがそこから生まれるんだ。時々、僕らのリハーサルスペースでプロジェクターを使って映画を映し出しながら演奏して、映像からインスピレーションを探すこともある。

5.Andy、あなたの歌い方はとても綺麗だけど、プロコースを取ったりしたの?

おっ、ありがとう、でも歌のコースは取ったことないよ。ただ、ツアー中に自分の声をキープするためのレッスンを数回受けただけ。だって、毎晩歌うんだ。僕は自分の声を保ちたかったんだ。でもそれ以外、何も指導を受けていないよ!

6.アルバムをリリースしてから、考え方、人生、周囲との関係とか、何か変化はあった?

いい質問だね。答えは、ある意味では全てが変わったけれど、同様に全ては以前のまま変わらない。何にでも言えることだね。デビューアルバムをリリースすることは長年ずっと大事にしていた目標だったから、達成できて嬉しかったよ。だからといって、リリース日の翌日に天地がひっくり返るような大変化を迎えたわけじゃない。やっていることを続けて、ひらすら創作して、楽しむだけだよ。そうだあと、少し解放された気分になったと言うべきかな。アルバムはもう出来上がったから、今はもう次のステップだ、って。また創作に打ち込む心の準備はできているよ、良い心境だと思う。

7.最新のUK音楽シーンについてどう思う?

インターネットの普及と共に、スタイルのトレンドは二元性の傾向を失いつつあるね。様々な分野から物事が影響し合うとても面白い時代だと思う、すごく良いことだと思うよ。音楽界を支配する明確なムーヴメントはそれほど多くないね(僕が大好きなGrimeを除いては、多分)。アンビエントミュージックかテクノを聴いて影響を受けて、そこからフォークとか、はたまた別のものを聴けるんだ、それってクールだと思うよ。こうあるべきだと思う。だから、今の音楽シーンは健康的だと思うよ。

8.今まで演奏してきた中で、一番印象的なライブについて教えて。

アルバムツアーは僕らにとって最高の思い出だよ。BarcelonaのRazzmatazzで演奏できたのは良い経験になった。キャパ2000人の部屋で午前3時にプレイしたんだ。それから、今年のSXSWフェスティバルで初めてUSでライブをやったことも良い思い出。すっごく楽しかった。

9.Andyはステージ上ではいつもおしゃれだね。プライベートでもファッションに気をつかっているの?

2つの名言が頭の中にあるよ。1つ目は「着飾ることと学ぶことにやりすぎはない」(Oscar Wilde)そして2つ目は「私の人生における最悪の失敗はヘアカットだ」(Jim Morrison)とは言っても、ぶっちゃけ自分が着たいものを着ているだけだよ。それを褒めてもらえるのは嬉しいな。

10.今年後半の予定はどんな感じ?

次のアルバムの曲を書いているよ。それと “Master and the Margarita” (Mikhail Bulgakov の小説)を読み終えたい。

11.日本に対してどんな印象を持っている?

日本には常に強く惹かれるよ。日本に行ってみたいな。僕らはスタジオジブリの映画、村上春樹の本、”Lost in Translation”(Sofia Coppola監督の日本を舞台にした映画)、他にも色々大好きなんだ。いつか京都を散策したいな、そして日本中の他の色々な場所も。日本でライブをしたいよ。

12.日本のファンにメッセージをお願いします!

今日を楽しんで。そして大切な人に愛を伝えて。

貴重な時間をどうもありがとう。私たちもLustsの来日を心から願っているよ!

Facebook/Lusts

Advertisements