COLOUR OF SPRING (Interview)

We caught up with smashing COLOUR OF SPRING to find out more about themselves during their single launch tour in February 2016.
We asked lots of questions to know the source of their creativity!

1. Would You Like to introduce yourselves?

Shane: I’m Shane and I play guitar and sing.
Tom: I’m Tom and I play bass.
Robin: I’m Robin and I play guitar.
Bryce: I’m Bryce and I play drums.

2. When / How did you start the band?

Shane: I met Robin on a message board with a handful of demos for songs and was looking to start a band. We met up and immediately hit it off with a lot of common musical ground. I had just started university too and met Tom on my course. Robin knew Bryce from doing previous bands together and that was how it all started.

3. Do all the members have the same taste in music?

Shane: We all have some overlapping common ground, but we also bring our own different tastes to the mix. I think what makes us interesting is that we’re not just a shoegaze band or a grunge band, butthat we use each members individuality to create something that’s new.

4. What bands have you supported so far?

Menace Beach
JAWS
Autobahn
Demob Happy
Allusondrugs
J.Fernandez
Post War Glamour Girls
TEEN
Vant
Flowers
Soft Walls
Forever Cult
Yawning Dog

So many great, hard-working bands!

5. How many songs have you written so far?

Shane: We’ve probably written about 15 – 18 songs in total since day one. We currently have about 9 of those that we play live. We like to try new ideas live too, we might see how things go down with the crowd and progress them or shelve them.

6. Please tell us how each member works when you write a song?

Shane: I usually come up with ideas or demos for songs, with a chord progression or a melody.

Robin: From the ideas Shane has we’ll develop them and jam them out and see where they go.

Bryce: I think the jamming does help us solidify our songs quite a bit as we each work out what we want to do.

Robin: Yeah come to think of it, we do jam a lot!

7. Do you have any specific concepts when you make songs?

Bryce: No, I don’t think so. We’ve definitely developed a style and a way we work to create our sound but that doesn’t always come from the same place.

Shane: For me the lyrics and the music can inspire each other. If I had the initial idea of a rhythm or a vocal line it can inspire an entire song, but there’s no formula to that. I just work off that initial feeling in my head. I often feel certain chords and phrasings can evoke
images,which can create this entire world for a song. I like to picture that whilst playing over and over whilst singing and I find that my subconscious will kick in and start writing the song for me!

8. What inspired you when you wrote the latest single ‘Pillow’?

Shane: Pillow was taken from a few different ideas and songs I’d written over the course of a specific year. It’s almost a snapshot of that year summed up in 3 minutes. It was basically inspired by my first year of University and the way my brain was dealing with anxiety and a difficult situation I was in.

9. What do you think of being categorized ‘Shoegaze’?

Shane: I don’t think it’s a good idea!

Robin: Yeah, but I think it’s only natural that people want to associate your sound with a genre so I get why it happens.

Bryce: It’s dangerous because it pigeon holes you and I think we have more going on.

Shane: It’s obvious to see where our influences come from, and the idea of using effects to make textures, and creating a wall of sound, but we don’t like to be restricted by a formula.

10. How is the music scene in Leeds, is it different from that in London?

Robin: There’s a great music scene in Leeds, if you think of all the great D.I.Y bands there are out there its really flourishing. Leeds has grown so much over the last 5 years, there are loads more venues than there used to be, Live At Leeds Festival makes sure Leeds is on the music map of the U.K. too. It doesn’t matter what type of band you’re in, you can make music here and there is a scene and an audience for it all too.
We’ve played everything from house shows, to D.I.Y punk venues, to bars and clubs, to independent venues and more commercial ones too and all with a massive mix of bands. If you compare Leeds to somewhere like London where creativity is getting stifled through the gentrification of creative hubs then we feel really lucky to be able to do what we do and there be an outlet for it.

11. What are you expecting in 2016?

Robin: We’ll be continuing to promote the new single in the short term, then we’ll be back in the studio in March and April recording for two separate releases later in 2016. We’ve got our whole year planned out and organized which is great.

Shane: We’re just marching on really, we want to just keep upping our game!

12.What do you know about Japan?

Shane: Not a great deal, but I do love watching and reading a lot anime and manga!

Robin: I get the impression Japanese people are really passionate about their music. That if they like a band that they really get behind them. That’s good to know!

Shane: And I think we have a shared love of cats!

13.Please give a message to Japanese  listeners.

Robin: Thanks to anyone out there enjoying our tracks. We’d love to come out to Japan and play one day.
Fingers crossed!!

Thanks, COLOUR OF SPRING!

各地で大絶賛を浴びる COLOUR OF SPRING。
2016年2月に行われた彼らのシングル発売ツアーの合間をぬってBALのインタビューに応じてくれました。彼らの音楽の魅力の秘密を覗きたくて、たくさん質問しちゃいましたよ!

1.自己紹介をお願いします。

Shane: 僕は Shane、ギターとボーカル。
Tom: 僕は Tom、ベースを弾いてる。
Robin: 僕はRobin、ギターを弾いている。
Bryce: 僕は Bryce、 ドラムを叩いてる。

2.いつどうやってバンドを始めたの?

Shane: 僕はRobinと掲示板で知り合ったんだ。数曲のデモとバンドを始めたい意思を抱えてね。僕らは出会ってすぐに、音楽性が共通していることからうちとけた。僕はちょうど大学に入ったところで、同じ学科でTomと知り合った。Robin は Bryceとバンドを組んでいたことがあって、こうしてCOLOUR OF SPRINGが誕生したんだ。

3.メンバー全員同じテイストの音楽が好きなの?

Shane: 全員、根っこの部分は共通してるね。ただ、それぞれに違うテイストを持ち合ってミックスさせることもあるよ。思うに、僕らを面白くさせているのは、自分たちは単なるシューゲーズバンドやグランジバンドじゃなくて、メンバーそれぞれの個性を活かして新しいものを創り出しているっていうことなんだ。

4.これまでどんなバンドのサポートアクトをしてきたの?


Menace Beach
JAWS
Autobahn
Demob Happy
Allusondrugs
J.Fernandez
Post War Glamour Girls
TEEN
Vant
Flowers
Soft Walls
Forever Cult
Yawning Dog
本当にたくさんの働き者のバンドと
演奏してきたよ!

5.既に何曲作ったの?

Shane: バンドをスタートさせた時から数えて、多分、15から18曲くらい。そのうち9曲を現在ライブで演奏しているよ。僕らは新しいアイディアをライブで試すのも好きなんだ。観客の反応を見て、押し進めるかボツにするか参考にできるしね。

6.曲を作る時メンバーはそれぞれどんな役割を担ってるの?

Shane: 僕は普段曲のアイディアやデモを用意してくるよ。コード進行かメロディーを添えてね。

Robin: 僕らはShaneのアイディアを肉付けして、ジャムセッションして最終的な方向を決めるよ。

Bryce:ジャムセッションは曲を固めるのにかなり重要。それぞれがどうしたいのか答えを出すためにもね。

Robin: 考えてみると、僕ら本当によくジャムセッションやってる!

7.曲を作る際、決まったコンセプトはあるの?

Bryce: いや、ないよ。僕らはスタイルや曲作りの仕方を進化させてきたけど、いつも元が同じってわけではないな。

Shane: 僕にとって、歌詞と音楽は相互に影響し合うんだ。初めに持ったリズムのアイディアやボーカルラインは全体に影響する。でもそれが決まった方法というわけじゃない。ただ初めに持っていたフィーリングを活かしきるんだ。僕はとあるコードやフレーズがイメージを引き起こすとよく感じるよ。曲の世界観を作りあげることができるようなね。その想像をよりリアルなものにしていくのが好きなんだ、繰り返し演奏する中で、歌っている中で。そして僕の潜在意識が殻を破って曲を書き出すんだ!

8.最新シングル‘Pillow’ は何からインスパイアされて出来上がったの?

Shane: ‘Pillow’はいくつかの異なるアイディアから切りとってきたんだ。1年かけて書いた。3分間に集約されたその年のスナップ写真みたいなものさ。基本的に自分が大学1年目に経験したことにインスパイアされてる。それと自分の脳がどうやって不安ややっかいな状況と向き合うか、ということにも。

9.「シューゲーズ」とカテゴライズされることについてどう思う?

Shane: 良いことだとは思わないな。

Robin: 同感だね。ただ、皆がサウンドをジャンルに結び付けたがるのは自然なことなんじゃないかな。原理は理解できるよ。

Bryce: 分類されることは危険なことだよ。僕らはもっと幅広い音楽性を見せていくんだ。

Shane:僕らが何に影響を受けたのかは明らかだ。テクスチャーを作るためのエフェクトの使い方やサウンドの壁の作り方とかのアイディアも。でも僕らは一つの形に制限されたくないね。

10.リーズのミュージックシーンはどんな感じ?ロンドンとは違うの?

Robin: リーズには最高に良いミュージックシーンがあるよ。リーズにはすごく良いD.I.Y バンドで盛り上がってるよ。リーズはこの5年ですごく成長した。べニューもだいぶ増えたし、リーズフェスティバルはUK音楽にリーズあり、って確信させてくれる。どんなタイプのバンドが好きなのかっていうことは関係ないんだ、ここでは音楽は作られるものだし、シーンもあるし観客もいる。僕らはホームパーティで演奏もしたし、D.I.Y パンクべニュー、それから、バーやクラブ、インディなべニューからもっと商業的なべニューまで本当に多種多様なバンドに交じって演奏してきた。もしリーズをロンドンみたいに創造性が高級化社会で抑圧されているような場所と比較した時、自分たちは本当にラッキーだと感じるよ、自分たちのやりたいことが出来て、披露する場もあるしね。

11. 2016年はどんな年になりそう?

Robin: もうあと少し新曲のプロモーションを続けるよ。それからスタジオに戻って、3月と4月は年内にリリースする予定の2曲のレコーディングをするよ。僕らは今年の予定を立てて管理しているんだ。最高に良いことだ。

Shane: 僕らは本当にただただ前に進んでいるだけ。僕らは単純に落っこちないように努力してたいのさ!

12.日本について何か知ってる?

Shane: それほど知ってるわけではないけど、日本のアニメを見たり漫画を読むのは大好きだよ。

Robin: 日本人は音楽に対してすごく情熱的だよね。好きなバンドがいたらすごく応援するんでしょ?良いこと知ったよ!

Shane: あ、あと僕らは猫好きな点で分かり合えるね。

13.日本のリスナーにメッセージをお願いします。

Robin: 僕らの曲を楽しんでくれてありがとう。いつか日本で演奏したいな。幸運を祈る!

COLOUR OF SPRINGのみんな、
インタビューへの協力ありがとう!

Facebook/COLOUR OF SPRING

Advertisements